'11年産厩舎情報 【ネオリアリズム 2017/03/23】

ネオリアリズム 6歳 牡 栗毛

3/23(堀厩舎)
22日、23日は軽めの調整を行いました。
「先週末から時計を出していけるようであれば大阪杯も視野に入れていこうと考えていたのですが、もう少し回復期間がほしいと思えましたので、無理をせず見送ることに致しました。それで、次の目標として香港遠征を頭に入れて調整を行おうと考えています。月曜日にお話しさせていただいたように香港の2競走に登録を行い、昨日クイーンエリザベス2世Cの招待状が届きました。もちろん状態次第になりますし、これからの状況を見ながら最終的に判断していきたいと思います。時間をかけてケアをしてきた甲斐あって、背腰の張りと傷みは徐々に取れつつあります。また、軽めのキャンターの時の体のバランス、前進気勢は良くなってきています。ただし、胃に対するアプローチはしているのですが、まだ思ったほど大きな改善を見ることはできていません。引き続き対処していき、何とか状態を良くしていけるように持っていきたいと思います」(堀師)
4月30日に香港・シャティン競馬場で行われるクイーンエリザベスⅡ世C(GⅠ)、5月7日に香港・シャティン競馬場で行われるチャンピオンズマイル(GⅠ)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料は無料です。


クイーンエリザベスⅡ世Cの招待状が無事届いたようですので、体調に問題がなければ当該レースが目標となると思われます。
予備登録をした日本馬(→JRA公式サイト「2017香港国際競走【4月30日・5月7日】に日本馬が予備登録」参照)は、アドマイヤデウス・サトノクラウン・ステファノス・ネオリアリズム・ヤマカツエース・リアルスティールの6頭。
この内アドマイヤデウスは天皇賞(春)濃厚で、リアルスティールは鼻出血による休養。大阪杯に出走予定のサトノクラウン・ステファノス・ヤマカツエースはレース後の体調次第で出走を決めると思われます。
まあ、サトノクラウンは勝利ボーナスがありますので、出走には前向きでしょうし、ステファノスも香港には実績がありますので、狙ってくるとは思いますが。

またもやサトノクラウンと鞍上を争う羽目になりそうですが、どうなる事やら。香港のマイルからスプリントにかけては層が厚いので、チャンピオンズマイルに回る事だけは避けて欲しいと思います。




いよいよドバイワールドカップデイが本日深夜に迫りました。
個人的な焦点は2つで、エピカリスが出走するUAEダービーとネオリアリズムが出走したかもしれないドバイ・ターフの2レース。
UAEダービーはリアルタイムで視聴出来ないのは非常に残念。何処かで視聴出来ないものなのでしょうか。

ドバイ・ターフは意外と小粒なメンバーとなり、この相手でヴィブロスが何処まで通用するのか。もしネオリアリズムが出走していたらと、妄想を膨らませながら楽しもうと思います。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment