'11年産厩舎情報 【ネオリアリズム 2017/03/16】

ネオリアリズム 6歳 牡 栗毛

3/16(堀厩舎)
15日、16日は軽めの調整を行いました。
「まだ軽めの調整を行っている状況ですが、その分もあって馬体重は522キロで、背中、腰、体のこなしも前走前の状態に戻ってきていそうです。そういう点ではいいと思えるのですが、毛ヅヤや体の張りについてはまだ物足りない状態なんです。先週末に胃潰瘍の検査を行ったところグレードは1で、症状はあるものの軽度でした。毛ヅヤに関してはそのあたりが影響しているのかなと思えますが、もう少し見た目も良くなってきていいはずなので、今しばらくは様子を見たいというのが本音です。ただ、大阪杯への特別登録は月曜なのでまずはそれを済ませる必要がありますし、向かうとするならば今週末と来週に調教を少しやっておく必要がありますから、その動きやレースまでの体調をしっかりと見極めながら大阪杯を狙えるかどうかの判断をしたいです。向かう場合はシュタルケジョッキーを予定しています。また、同じく週末に申込期限が設定されている香港の予備登録も行っておくつもりです」(堀師)
状態次第になりますが、今のところ4月2日の阪神競馬(大阪杯・芝2000m)に特別登録を行う予定です。


次走への動向が注目されますが、まだこの時点になっても決定とはいかないようです。
内臓面に若干の不安があり、毛ヅヤが冴えないようですので、大事を取って大阪杯は回避でいいような気がします。やはりGⅠには万全の状態で挑んで貰いたいですしね。

鞍上に関しては予想通りシュタルケ騎手のようです。まあ、超がつく大物馬主の先約をデムーロ騎手(のエージェント?)が反故にするとは考えられませんので仕方がありません。
ネオリアリズムのようなかかり気味に先行する馬とは手が合わないような気がして、少々不安ではあります。昨年のスプリングSでのマウントロブソンの騎乗はお見事でしたが。


スポンサーサイト

2 Comments

濱田屋  

中山記念から間隔がないとはいえ、大阪杯の2週まで時計を出せないという状況ですからねぇ。
私も回避で良いと思うんですが。

騎手についても合うとは思えませんし。
どうなりますかね。

2017/03/18 (Sat) 16:14 | EDIT | REPLY |   

猪鹿蝶  

濱田屋さん

堀師の判断次第ではありますが、出資者の多くは鞍上込みで大阪杯の回避でいいと思っているような気がします。

週末も早い時計を出してないような感じですので、回避の可能性は高いのではないかと思ってます。

2017/03/19 (Sun) 20:34 | REPLY |   

Post a comment