'11年産厩舎情報 【ネオリアリズム 2017/03/09】

ネオリアリズム 6歳 牡 栗毛

3/9(堀厩舎)
8日、9日は軽めの調整を行いました。
「レース後の疲労回復を図っているのですが、良くなってきている部分とそうでない部分とがある状況です。良くなっている部分は負担のかかりやすい背腰です。しっかりとケアを行っていることもあり体のこなしは良くなってきていますから、現状回復してきていると言えるのではないかと思います。一方で毛ヅヤは冴えない状態のままなんです。このあたりを見ているとやはりドバイへ行かないという判断をして良かったかなというのが正直なところでもあります。それに、今はまだ坂路に入れていなくて馬場でのハッキングに留めている状況のため、余計に今日の時点で判断するのは難しいです。もう少し様子を見てこのまま在厩で大阪杯を目指すのか、間を取って香港もしくはそれ以降に目標を置くべきか検討させてください」(堀師)


次走への動向が注目されるネオリアリズムですが、まだ疲れが残る状況からはっきりとした結論は出ないようです。
慎重な堀師ですので、こうなってくると大阪杯への出走は見送りそうな予感がします。鞍上の問題もありますし、一旦しがらきへ放牧に出して、体調が上向くようであれば香港へという形がベターかもしれません。




抽選漏れが心配されたヴィルデローゼですが、予定通りにアネモネSに出走決定。桜花賞出走より、芝の上のクラスでやれるかどうかを注目したいと思っています。詳細は明日にでも。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment