スペシャルウィーク、種牡馬引退。故郷の日高大洋牧場へ移動

2週間前に発表されてたようですが、そのニュースに気付いたのは先週半ば。取り上げるのに今更感が漂いますが、スペシャルウィークの仔に出資する事が一口馬主に入会する一つの切欠でもあったので、やはり記事として残しておこうと思います。
「スペシャルウィークが種牡馬引退」

毎年毎年応援している馬は出てきますが、20年以上の競馬暦の中で思い出に強く残る馬を3頭上げるとすると、ジェニュインキャプテントゥーレ、そしてスペシャルウィークとなります。ちなみに出資馬に関しては別枠となってます(笑)
それぞれ理由としては、ジェニュインが勝利した皐月賞が初めての馬券的中(馬券を買ってはいけない身分でしたが(笑))、キャプテントゥーレが逃げ切ったこれもまた皐月賞が初めてのPOGでのGⅠ勝利という簡潔な理由が存在しますが、スペシャルウィークに関してはこれといった理由が存在せず、単純に過去一番応援という馬でした。
スペシャルウィークが現役だった頃が一番競馬に熱狂していた時期で、まさに武豊騎手絶頂時代。で、ミーハー気質でしたので、やはり武豊騎手応援をしていた訳で、スペシャルウィークとのコンビでのダービー初制覇に興奮したものでした。
母キャンペンガールが出産直後に亡くなっていたり、シラオキに遡る日本古来の牝系というのもエッセンスの一つだったと思います。

当時応援馬券を買っていたなと思い出して探してみたら、三冠、京都新聞杯、ジャパンカップ、阪神大賞典、天皇賞(春)、宝塚記念とごっそり出てきました(笑)
宝塚以降応援馬券が途切れているので、多分それ以降は熱も冷めて馬券を買う事が少なくなったのだと思います。競馬熱が復活するのは、POGを仲間内でやるようになってからですね。


スペシャルウィーク種牡馬引退



スペシャルウィークの現役自体は個性的な馬が多く、セイウンスカイキングヘイローグラスワンダーエルコンドルパサー、世代は異なりますが、メジロブライトサイレンススズカ等と列挙するのに暇がないほどのタレント揃いでした。
当時シガーを抜いて獲得賞金世界一にもなった名馬なのですが、グラスワンダーやエルコンドルパサーに負けているイメージが強すぎる不遇な馬だと思います。


一口馬主を始める際、迷わずキャロットクラブを選択したのですが、スペシャルウィークの仔の活躍が目立っていたからだったりします。経済的に裕福であればサンデーレーシング一択でしたが、残念ながら庶民としては小口クラブが精一杯…
シーザリオゴルトブリッツよりも、何故かトゥリオンファーレトライアンフマーチが印象的でしたね。リーチザクラウンの同期だったので、色濃く覚えてたのかもしれません。


今後は生産牧場である日高大洋牧場にて功労馬として余生を過ごす事となります。今まで、お疲れさまでした。
リーチザクラウン、トーホウジャッカルから1頭でも多くの活躍馬が輩出されるのを期待しています



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment