'15年産近況 【シーズンズベストの15 2017/01/31】

39.シーズンズベストの15 牝 鹿毛
父クロフネ×母シーズンズベスト(BMS: ゼンノロブロイ)
関東 鹿戸雄一厩舎


シーズンズベストの15


1/31(NF早来)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。
調教での手応えからまだまだ良化の余地は感じられますが、以前に比べると馬体はグッと引き締まり、走行時の安定感が増してきました。いい流れの中で進めることができていますので、今後も理想的な成長曲線を描いていけるように育成を行うことで、能力を前面に引き出していきます。


ここまで特に指摘される欠点もなく、順調に育成されています。
と言っても、安心するのはまだ早く、唐突に脚部不安や内臓面の疾患が起こったりします。
出資馬だとパルティールがそんな感じで、6月まで順調に調整され、景気の良いコメントが掲載されていましたが、脚部不安を発症してから状況が一変。結局年明け未勝利戦でデビューし、芝を走る事無く4戦で引退となってしまいました。

まあ、生き物相手ですので何が起こるのかは分かりません。他の出資馬にも言える事ですが、健康な状態でレースに使える事が一番ありがたい事だと思います。
勿論、そこに強さを兼ね揃えて貰えれば言う事なしですが(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment