FC2ブログ

Infomation

出資馬一覧

carrot_farm.png
CARROT CLUB

'14年産
アロマドゥルセ(父ディープインパクト×母ジャッキーテースト)牝
ヴィルデローゼ(父エンパイアメーカー×母ブルーメンブラット)牝

'16年産
サートゥルナーリア(父ロードカナロア×母シーザリオ)牡
モンドヌーヴォー(父ハービンジャー×母ラフォルジュルネ)牡

tokyo_hr.png
TOKYO THOROUGHBRED CLUB

'15年産
レッドベルローズ(父ディープインパクト×母レッドファンタジア)牝
レッドレオン(父ディープインパクト×レッドエルザ)牡

'17年産
レッドメデューサ17(父ダイワメジャー×母レッドメデューサ)牝
レッドソンブレロ17(父エピファネイア×母レッドソンブレロ)牡

※クラブ公式HPの記事・画像はCARROT CLUB及びTOKYO THOROUGHBRED CLUBの使用許可を得て転載しています。


スポンサーサイト



2019年度第一次募集抽選結果

昨日遂に審判の日を迎えました。さて、馬神さまに祈りは届いたのでしょうか。
ここ数年懐かしのファミコンゲーム画像で送る抽選結果ですが、ネタを搾り出すのにも苦労します。流石に色々うろ覚えとなっていますからね


2016年http://onthebridle.blog98.fc2.com/blog-entry-911.html

2017年http://onthebridle.blog98.fc2.com/blog-entry-1164.html

2018年http://onthebridle.blog98.fc2.com/blog-entry-1415.html


さて、今回お届けするのは分かる人には分かるだろうと思われたこの作品から。


スペランカー



世界で一番虚弱な主人公で今現在でも人気の【スペランカー】です。実はこれ元々はアメリカで開発されたゲームらしく、誕生から2年後にファミコンに移植されたようです。しかも、それ以降続々と新作やリメイク品がリリースされ、Nintendo Switch版まである事に驚きました。
スペランカーの人気がここまであるとは(笑)

ちなみに知らない方にどれだけ虚弱なのか、簡単に説明をしますと、エレベーターの段差等に躓いてもダメ、小さな窪みに嵌ってダメ、下り坂でジャンプしてもダメ、コウモリのフンに当たってもダメという卵よりも虚弱というシビアなゲームです。初回プレーの時は開始3秒で終了(エレベーターからの転落)した記憶があります。



で、既にフラグが立っているような気もしますが、気のせいだという事にしておきまして、抽選結果へといきたいと思います。果たして、秘宝を手にするのか、はたまた悲報となるのか!?














スペランカー



2019年度募集抽選結果


チ~ン…

母優先の薄い抽選っぽかったフロアクラフトの18のみ
スペランカー先生という題名で、アニメ化されていたのには笑えました。


欲しくなかった初の×2達成…。
1.5次は欲しい馬もいませんので、これで今年のキャロットへの出資は終了。せめて、後1頭は当たって欲しかったなぁ。まあ、人気馬ばかり選んでいたので、仕方ありませんね。

仕事の疲れも溜まっていた事もありますが、ブログを欠く気力もなく速攻で不貞寝してしまいました(笑)
来年は好きな馬に出資出来ると前向きに考えたいと思います。今年は×2が大量に出たような気はしますが。


2019年度第一次募集最終結果発表

昨日公式HPにて抽選が必要な募集馬が発表されました。覚悟はしていたとは言え、想像以上にキビシイ現実を突きつけられました
とりあえず、今年度はこのような状況でした。


2019年度募集最終結果01
2019年度募集最終結果02
2019年度募集最終結果03


正直な話、ペルレンケッテの18カイゼリンの18ラフォルジュルネの18は死票になるとは思っていました。むしろ良くブルーメンブラットの18カイカヨソウの18が一般に残ってくれたという所でしょう。
ディアデラノビアの18が×1抽選なのも予想通り。後は運に任せるのみ。
で、完全に目算が甘かったのがフロアクラフトの18。昨年に引き続いて、母馬優先内で抽選…
フロアクラフトに対する愛情が深い出資者ばかりです(笑)


で、結果的に3頭が死票で5頭が抽選とまさかの全滅の可能性も浮かび上がってきました。一般全滅でもいいから、ディアデラノビアの18だけは当たってください!


2019/09/16 レース結果 【ヴィルデローゼ 3歳上1勝クラス 5着】

ヴィルデローゼ 5歳 牝 黒鹿毛

ヴィルデローゼ


19/9/16  石坂正厩舎
16日の阪神競馬では五分のスタートも行き脚がつかず好位の後ろから。勝負どころでスッと脚を使えず位置を下げるが、直線はよく盛り返して5着。
「ゲートは一歩目が速くてスッと出たのですが、外の馬の二の脚に負けて結果道中は砂を被る位置で運ぶことになってしまいました。それでもなんとか我慢してくれていたのですが、4コーナーあたりでフワッと頭を上げてしまい、最後の脚を活かせませんでした。砂を被らない位置に持ち出してからはよく伸びていただけに、キックバックを受けず運べていたらまた違ったと思います。うまく乗れず申し訳ありませんでした」(斎藤騎手)
「スタートは良かったんだけど、ちょっと行き脚がつかないような感じでした。ジョッキーによるとキックバックを気にしていたとのことなので、スムーズならもう少し楽に流れに乗れていたのかもしれません。上がってきて左前脚を落鉄していたので、そのあたりも影響があったかもしれませんし、今日は度外視したいところです」(石坂正師)
今日は道中砂を被る展開で、思うようなレースになりませんでした。ただ、結果的には好位から最後前が開いてからしっかり脚を使えていましたし、スムーズならまったく違った結果になったはずです。落鉄していたとのことですし、この後はトレセンで馬体を確認してから検討していきます。

19/9/18  石坂正厩舎
18日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は申し訳ありませんでした。砂を被ってフワフワするところがあったようですし、それを考えると最後の差しは力のある証拠とも言えます。スムーズならいつでも勝てると思うのですが、もどかしい思いをさせて申し訳ありません。レース後は今のところ目立った疲れなどは見せていませんが、もうしばらくは軽く動かしながらどうするか検討していきます」(松岡助手)


状態も良さそうでしたし、ここは勝ち馬のパラーティウムが相手だろうとガッツリ馬券も購入していた訳ですが、結果はこの有様。いつもはすんなりと先行集団に取り付ける馬なのですが、今回は梃子摺ったようにまだ馬自体にスイッチが入ってなかったのかもしれません。単純に落鉄の影響なら仕方がないのですけど。
エンパイアメーカーの仔らしく気性に難がある馬ですので、一度叩いて馬のやる気が上がってくれればいいのですが。

ちなみに敗戦を引きずっていたのか、下書きのまま昨日アップするのを忘れていました(笑)
本日公開されたコメントで「スムーズならいつでも勝てる」とか言ってますが、暗に騎手非難をしているんですかね。




2019年度1歳馬第1次募集の最終結果が発表されました。これについては明日に回そうと思います(タメ息)

今週の出走馬 2019/09/16【ヴィルデローゼ 3歳上1勝クラス】

ヴィルデローゼ 5歳 牝 黒鹿毛

19/8/22 石坂正厩舎
21日は栗東坂路で追い切りました(57秒8-41秒9-27秒2-13秒9)。22日は軽めの調整を行いました。
「阪神開催に向けて先週無事帰厩し、順調に乗り出しています。水曜日は坂路で15-14程度の時計を出しました。馬の気配は気負いもなくいい感じですが、まだ多少馬体に余裕があるせいか、息遣いは物足りません。このひと追いで変わってきてくれると思いますし、しっかり乗りながら仕上げていきます」(松岡助手)

19/8/29 石坂正厩舎
28日は栗東坂路で追い切りました(56秒4-41秒0-27秒0-13秒4)。29日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は坂路でサッと馬なり程度に時計を出しました。どちらかと言えば硬さのある馬がこの休み明けはストライドも大きく柔らかみのある動きで状態の良さを感じます。息遣い自体は徐々に良化しているところでまだ良くなる余地を残しますが、目標は2週目の牝馬限定戦と聞いていますから、ここから変わってくるはずですよ」(松岡助手)
9月16日の阪神競馬(3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1200m)に斎藤騎手で出走を予定しています。

19/9/5 石坂正厩舎
4日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-40秒3-26秒6-13秒6)。5日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は坂路で14-14程度の調教を行いました。昨日は雨で馬場が悪かったので無理をしませんでしたが、前向きさが適度にあって集中して走れていました。息遣いもだいぶ良くなってきましたよ。体調面も気になるところはなく順調です」(松岡助手)
16日の阪神競馬(3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1200m)に斎藤騎手で出走を予定しています。

19/9/12 石坂正厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は栗東坂路で追い切りました(53秒5-38秒6-25秒1-12秒5)。
「今朝は坂路で追い切りました。当週の追い切りとしてはけっこう強めに追いましたが、気負わずいい意味のズブさもあり、ちょうどいい負荷をかけることができました。追い切りを重ねながら息遣いも気にならなくなっていますし、いい仕上がりで送り出すことができそうです」(井上助手)
16日の阪神競馬(3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1200m)に斎藤騎手で出走いたします。


昨日半妹のブルーメンクローネが1勝クラスを快勝。鞍上もヴィルデローゼと同じ斉藤騎手でした。やはり減量騎手が前にいくとなかなか止まりませんね。前につける脚は持っているので、ここも勝つチャンスは十分あります。これで何回目の同じ言葉なのかは分かりませんが…。
幸いな事に逃げて結果を残してきているパラーティウムが外枠になりました。とは言えども、スタートの上手い武豊か騎手が鞍上なので、すんなり先手を取ってきそうですが。直線に坂あるコースは決して得意とは思えませんが、ここで何とか1勝クラスを卒業して貰いたいところです。


それはそれとして、能力的・血統的にも妹の方が秀でているように感じます。果たして、母父エンパイアメーカーに価値があるのかどうか、引退後の行く末が今から心配です


'16年産厩舎情報 【サートゥルナーリア 2019/09/04~09/11】

サートゥルナーリア 3歳 牡 黒鹿毛

19/9/4  角居厩舎
4日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。前にいた3頭併せを見ながら進めましたが、やはり3コーナーあたりからだんだんと気が乗ってきて、直線サッと伸ばしただけで素晴らしい脚を見せてくれました。手前を替えるのもスムーズでしたし、上々の滑り出しと言っていいと思います」(小滝助手)
22日の阪神競馬(神戸新聞杯・芝2400m)にルメール騎手で出走を予定しています。

19/9/11  角居厩舎
11日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はルメール騎手騎乗でCWコースで追い切りました。単走ですが、10馬身ほど前に併せ馬を見る形で、直線は手綱を放してくれれば十分と伝えたのですが、3~4コーナーで前の併せ馬に追いつき、あっという間に突き放していました。それでいてまったくの馬なりですから、申し分のない内容です。ジョッキーも追い切りから上がってきて第一声が『あー、気持ちいい!』でしたから(笑)。来週はもう時計は必要ないでしょう」(小滝助手)
「自分からスッと反応して、すごく柔らかい動きでした。もちろん春もいい動きだったのですが、今は心身が充実している感じがします。レースが楽しみですね」(ルメール騎手)
22日の阪神競馬(神戸新聞杯・芝2400m)にルメール騎手で出走を予定しています。


いよいよ待望の復帰戦が来週に迫りました。状態は申し分ないようで、攻め馬は春同様動きまくっています
2週前・1週前追い切り時計はこちら。

19/9/4
(水) 助手
栗東CW・良 81.9 - 64.6 - 49.3 - 36.0 - 11.4 G前気合付(8)

19/9/11
(水) ルメー
栗東CW・良 83.1 - 66.2 - 50.4 - 36.4 - 11.9 馬ナリ余力(5)

ウィークポイントである気性の成長がみられれば何も言う事はないのですが。


流石にGⅠ馬の復帰戦という事もあって、netkeibaを見ているだけで、何もせずとも色々な情報が入ってきます。

【サートゥルナーリア陣営「春より大人になりました」】https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=160046

【サートゥルナーリア、神戸新聞杯1週前追い切り速報】https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=160186

どうやら想定からは相当少ない出走頭数となる模様。セントライト記念は除外が出る程なのですが、ヴェロックスも出走する事から避けたという事なのでしょうね。確か当初の予定ではニシノデイジーも出走予定していたはずなのですが。
ヴェロックスと火の出るようなマッチレースが見れると面白いですね

2019年度第一次募集申込み完了

本日の朝に申込みしましたが、色々悩みましたね。特に一般申込みでいいなと思っていた馬は軒並み人気のOurBlood馬ばかり。多分ほとんどが一般抽選まで回らないと思いますが、まあ仕方ありません。
とりあえず、申し込んだのはこちら。


キャロット2019年度募集申込み馬



最優先枠は悩んだ挙句、ディアデラノビアの18に決めました。そんなに今年は×2の方は多くないと信じて、×1抽選に賭けたいと思います。ラドラーダの18を諦めた理由は、ディアデラノビアの18なら同金額で2口出資出来た事と、自身が堀師の信者みたいなものだからです(笑)
2年連続で天秤が傾かなかったアディクティドの仔ですが、こうなってくると今後も縁がなさそうな予感がします。サクセッション共々多分活躍するんだろうなぁ。

とりあえず、母優先のフロアクラフトの18は多分問題なく出資出来るはず。正直自信がないので、一口だけですが。
一般はひょっとしたら一般抽選まで回るかもという淡い期待を込めて、欲しかった馬全て入れました。まあ、多分半数が抽選の資格すらないでしょう。注目はヴィルデローゼブルーメンクローネ(落選)に続いてこの血統三度目の申込みとなるブルーメンブラットの18がどうなるかですね。

ちなみにしれっと入っているカイカヨソウの18。古い話となりますが、ロジータ(後にカネツフルーヴを輩出)→シスターソノ(後にレギュラーメンバーを輩出)のようにならないかなという妄想が働いた為、突発的に申し込んでみました。果たして、一般抽選にまで残っているかは疑問ですが。


何とかフロアクラフトの18を除いて、1~2頭抽選突破して貰いたいところ。1週間、馬神さまにお祈りを捧げようと思います(笑)


キャロットクラブ、2019年度募集最終中間発表

最終中間発表が公表されましたので、備忘録的に残しておきます。もう余り参考にはなりませんね。

2019年度募集中間発表

狙っている馬の中では唯一ブルーメンブラットの18がランクインされませんでした。繁殖成績と募集額と新種牡馬という事でいまいち人気が上がらないのでしょう。これなら一般抽選でワンチャンあるかもしれません。
最優先はほぼ気持ちは固まりました。母優先のあるフロアクラフトの18は無風で出資出来そうですので、色んなものに目を瞑って出資しようと思ってます。強いて明るい材料を挙げるとすれば、これでしょうかね。

【田村康仁調教師、JRA通算500勝達成】https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=160075

残りはダメ元の一般抽選で幅広く申し込むしかありませんね。