Infomation

2017/06/25 レース結果 【アロマドゥルセ 3歳以上500万下 2着】

アロマドゥルセ 3歳 牝 青鹿毛

アロマドゥルセ


6/25(音無厩舎)
25日の阪神競馬ではゆっくり目のスタートから出脚がつかず後方を追走。直線は馬場の外目をしっかり伸びたが2着まで。
「できるだけいいポジションで進めたかったのですが、駐立の姿勢が体を反らすような格好で、出てからもなかなか行き脚がつきませんでした。外を回らざるを得ない形になったこともありますが、直線エンジンがかかってからはすごい脚だっただけに勝ち切らなくてはならないレースでした。せっかくチャンスをいただいたのに申し訳ありません」(荻野極騎手)
「できれば好位から差す競馬をしてほしかったのですが、課題のスタートがもうひとつで、後ろから運ぶ形になってしまいました。ここで決め切れなかったのは残念ですが、改めて能力の高さを感じましたし、なんとか秋に向けてメドを立てたいと思います」(音無師)
なかなかエンジンがかからないのはいつものことですが、もう少しいいポジションで進められれば違っていたでしょうし、引き続きゲートは課題になりそうです。終いの脚は際立っており、力があることは間違いありませんから、次こそは最高の結果を期待したいと思います。


調教を積んでも余り体重が減らないといったコメントがありましたので、+10㎏くらいになってるかと思いきや、微増の+2㎏。ちょっとこの点はがっかりでしたが、競争結果自体は及第点以上だと思います。
乗り方次第では勝てたレースだったとは思いますが、まだまだ課題の多さが目に付きます。逆に言えば、まだ上昇度を残しているという事ですので、キャリアを積めば更に上を目指せる馬だと思っています。

このまま体調に問題がなければ続戦という事になると思います。中1週で同距離の2200M戦が中京でありますが、出来れば満を持して中京記念がある日の牝馬限定2000M戦に使って欲しいと思います。
適度に馬場も荒れて差し有利になると思いますし、何より応援に行けるというのが大きいです(笑)


重馬場以上になれば馬券を買うのは自重しようと思っていましたが、思ったよりは悪くならなかったので、予定の半額の金額でアロマドゥルセから人気馬4頭へ、馬単・馬連・ワイドを購入。
約2ヶ月振りの出資馬のレースと相まって、最後の直線はかなりヒートアップしました。まあ、欲を言えば4着のテーオーフォルテが1番人気のナムラマルを差してくれてたら、更に良かったのですが(笑)
波乱に終わった宝塚記念も三連複が的中しましたし、大満足な1日でした


今週の出走馬 2017/06/25 【アロマドゥルセ 3歳以上500万下】

アロマドゥルセ 3歳 牝 青鹿毛

アロマドゥルセ


6/14  音無厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-38秒9-25秒4-12秒6)。
「先週の木曜日に無事帰厩しており、今朝は坂路で併せて追い切りました。馬場が開場してからかなり時間が経っていたのですが、それでも併せてしっかりと動けていましたし、上がりも12秒6ならば優秀でしょう。戻ってきてから馬体が細くなったりすることはありませんし、今のところはいい体つきですよ。来週の阪神に芝2200mの番組が組まれているので、そこを目標にこれからピッチを上げていきたいと思います。できれば勝った時と同じミルコに乗ってもらいたかったのですが、どうやら51キロの斤量だと厳しいようでしたので、今回は松若で行かせてください。前回はゲートで不安定なところがありましたし、今週中に一度確認を行うつもりです」(音無師)
25日の阪神競馬(3歳上500万下・芝2200m)に松若騎手で出走を予定しています。

6/21  音無厩舎
21日は栗東坂路で追い切りました(52秒7-38秒7-25秒6-13秒1)。
「今朝も坂路で併せて追い切っています。相手を追走する形から最後は大きく先着ととてもいい動きを見せてくれました。体重の軽い松若が乗っていたとはいえ、雨で重くなった馬場にしては時計も出ていますし、いい最終調整ができたと思います。何よりここまで調教を積んできてもあまり馬体が減らないんのがいいですし、このあたりは徐々に成長してきているのかなと感じるところです。ゲートだけは心配ですが、逆に言えばゲートさえ五分に出てくれればチャンスは十分あると思います。予定していた松若が騎乗停止になってしまったため、今回は荻野極に依頼したのですが、2キロ減の49キロで出られるというのもプラスになってくれるのではないでしょうか」(音無師)
25日の阪神競馬(3歳上500万下・芝2200m)に荻野極騎手で出走を予定しています。


まさかのM.デムーロ騎手(51㎏で乗れない)→松若騎手(騎乗停止)→荻野極騎手の三段落ち。2戦目で福永騎手(落馬負傷)→藤岡康騎手という乗り代わりもありましたので、2度ある事は3度ありそうです。
しかしながら、新進気鋭の若手騎手で49㎏での出走は悪くないかもしれません。むしろ問題は天気の方で、まとまった雨が降りそうで、良馬場はまず見込めそうにありません。
前々走は重馬場でもそれなりに走っていましたが、前走の末脚を見る限りは良馬場でこその馬。梅雨なので仕方がない事ですが、少しでもいいコンディションで行えれるよう祈ります。

前走圧勝のナムラマルや堅実なヒシマサル、1000万下からの降級馬と、少頭数ながらなかなかメンバーは揃いました。それでも充分勝ち負けになると思っていましたので、宝塚記念よりもここが馬券勝負と思っていました。…良馬場なら。
この記事を書いている時点(21時30分)の単勝人気は3.8倍の差のない3番人気。まあこの時点では参考になりませんが、それでも最終的にもだいたい3~4番人気に収まると思います。
特に妙味もなさそうですし、馬場状態とオッズ次第では応援のみに回った方が無難かもしれません。


'14年産近況 【レッドカイラス 2017/05/26~06/23】

レッドカイラス 3歳 騙 栗毛

2017.05.26
(ノーザンファーム天栄)
この中間も坂路中心で乗りこんでいます。先週末の動きを見る限り馬体も締まり、ひと追いごとに動けるようになってきているようです。今週は少し歩様に硬さが見られたため、14-14を2回にペースを少し落としました。
馬体重は462キロと絞れてきています。

2017.06.02
(ノーザンファーム天栄)
この中間も坂路中心で乗りこんでいます。14-13くらいに再びペースを上げて本数を重ねていますが、この馬なりに動けています。硬さはありますが、調教の強弱をつけながら進めていきます。
馬体重461キロ。

2017.06.09
(ノーザンファーム天栄)
この中間も坂路中心で乗りこんでいます。今週も14-13くらいのところを乗っていますが、問題なく動けているので、明日も同じくらいの時計を出す予定です。本馬は態勢が整いつつあることから、近日中の入厩が予定されています。
馬体重470キロ。

2017.06.16
(ノーザンファーム天栄)
この中間も坂路中心で乗りこんでおり、今週も週2回14-13を消化しています。数週以内の入厩が予定されているので、体調を崩さないように注意しながら乗り込んでいきます。
馬体重474キロ。

2017.06.23

(ノーザンファーム天栄)
この中間も坂路中心で乗りこんでおり、今週も週2回14-14を消化しました。本馬は来週の入厩が予定されていることから、明日も速いところを消化して態勢を整えていくことにしています。
馬体重476キロ。


ようやく来週に入厩する事になりそうです。しかしながら、まさか1歳下の半弟にデビューを抜かれるとは思いませんでした

「レッドガーランド心身充実 名門藤沢和厩舎の期待馬」http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=123177&category=A

順調に調整されたガーランドが凡走してしまうと、カイラスの微かな希望も萎んでしまう気がしますので、好走して欲しいとは思いますが、調教もパッとしませんし、危険な人気馬の香りがしますね…。

来週入厩したとしても、まだゲート試験も受かっていませんので、デビューはまだ1ヶ月以上は先の話となります。なんだかんだと乗り込み量は足りていると思いますので、後は走る気が旺盛である事を祈るのみです。



'14年産近況 【ヴィルデローゼ 2017/06/14~06/21】

ヴィルデローゼ 3歳 牝 黒鹿毛

6/14  NF早来
ウォーキングマシンでの運動を行っています。
「引き続き軽めの運動に終始していますが、問題なく対応してくれていますし、馬の体調、雰囲気もいい意味で変わりありませんよ。一定の時間をかける必要はあるものの、辛抱強く接して復帰につなげていきたいですね」(早来担当者)

6/21  NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。
「獣医師のチェックではいい意味で変わらずに来ているとのことで、トレッドミルでの運動を開始しています。まだ負荷がかかり過ぎないようにダク程度ではありますが、今後も少しずつ慣らしながら進めて行きたいですね」(早来担当者)


ウォーキングマシンのみの運動から、ダク程度のトレッドミルでの運動に移行し、進捗度が少し進みました。
勝ち上がっている事もあり、比較的じっくりと始動している感じですので、やはり復帰は秋以降かなという印象を受けます。気性的な問題を拗らせなければ、まだまだ上を目指せる馬だと思いますので、ここは我慢の時ですね。


'15年産厩舎情報 【ベストヴォヤージュ 2017/06/21】

ベストヴォヤージュ 2歳 牝 鹿毛

6/21  鹿戸厩舎
21日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒9-54秒7-40秒8-14秒4)。
「少しずつ調整を進め出していますが、息遣いがちょっと粗いということで呼吸器の状態を楽にできるよう吸入を始めています。ただ、劇的に改善されるわけではないので、そのあたりは長い目で見ながら付き合っていきたいですね。先週は最初ということもあって足慣らし的にサッと動かす調教を行いましたが、今週からは競馬のことを想定してある程度の負荷をかけていきたいと考えていました。先週同様に雨が降ってクッションの利いた本馬場での追い切りも少しは考えたのですが、それだと考えているほど負荷がかからない可能性もあったので、タフでしたけれどウッドチップコースで5ハロンからの追い切りを行っています。前半から行きっぷりは上々で4コーナーを回ってくるときの格好も結構やる気を見せて走っているんです。ただ、最後のほうは少しダラッとしましたね。乗ったスタッフに聞いてもゴール板あたりで疲れてしまったということでしたし、上がりの息遣いを聞いているとちょっとコロコロコロという感じ。疾患というよりは体がしっかりしていない分かなという息ですね。馬体が減っていて440キロを切るくらいになっていて、カイバ食いも旺盛ではないので苦しさもあるのでしょう。中身が整ってくれればそのあたりも少しずつ楽になってくるはずです。タイプ的には1200mではないだろうなと捉えていましたが、距離が長くてもいいという現状でもないように思います。そうすると福島や函館はやや微妙に思えるので、距離のバリエーションがある中京を考えることにしました。再来週くらいかなと思っていて、1400mを本線に考えるつもりでいます」(鹿戸師)
今のところ7月9日の中京競馬(2歳新馬・芝1400m)に出走を予定しています。


先週の芝での追い切りは1本目としては悪くない感じでしたが、今週のウッドでの追い切りは雨で重くなった影響もあり、水準以下の時計。その分良い負荷がかかったとも言えますが、息遣いの荒さからも現状では非力で体力のなさが感じられます。
再来週のデビューを予定していますが、馬体も細化してますし、慌てる必要はないような気はするのですけどね。まだ2週追い切りを重ねる事が出来ますので、良化してくれる事を願います。

しかしながら、中京でのデビュー予定は正直嬉しい…、はずでした
まさか、日曜日に仕事がある唯一の日にピンポイントでぶつかるとは…。


'15年産近況 【レッドレオン 2017/06/15】

レッドレオン 牡 青鹿毛
父ディープインパクト×母レッドエルザ(BMS:Smart Strike)
関西 角居勝彦厩舎


レッドエルザの15


17.06.15
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいます。引き続き、週3日は屋内坂路コース800mをハロン16秒のペースで登坂、週3日は屋内周回コース3000mをキャンターで乗り込んでいます。
調教では変わらずしっかりとした動きを見せています。増加した馬体重を維持しながら乗り込むことができており、馬体は徐々に良くなってきた印象があります。ただ、まだ成長を待ちたいところですので、調教ペースをキープしながら進めています。今は先々を見据えたベース作りの時期と考えて、無理にペースアップを図ることなく丹念に進めていきます。
馬体重は457キロです。


一時的に膨らんだだけかと思っていましたが、前回更新された時の馬体重を維持しており、その点は少し安心しました。
まだ成長の余地があるとの事から、負荷を上げずに成長を促しながらの育成がもう少し続くようです。この様子だと、年内デビュー出来れば…といった感じですね。


本日東サラ公式HPにて2017年度1歳馬募集馬のラインナップが発表されていました。
今年は東サラで出資はせずにキャロットに全力投球のつもりでしたが、いざ募集馬が発表されると心惹かれる血統馬がちらほら…。
トゥーピーの16(牝 父スクリーンヒーロー)スタイルリスティックの16(牡 父ジャスタウェイ)リヴィアローズの16(牡 父ブラックタイド)辺りが特に気になります。


'15年産近況 【レッドベルローズ 2017/06/15】

レッドベルローズ 牝 青鹿毛
父ディープインパクト×母レッドファンタジア(BMS:Unbridled's Song)
関東 鹿戸雄一厩舎


レッドファンタジアの15


17.06.15
(ノーザンファーム早来)
引き続き順調に調教が進んでいます。現在、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15-16のペースで登坂、週3日は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込んでいます。
馬体重は大きく変わりありませんが、中身が充実してきているようで、筋肉のハリが一層良くなっています。体調等も良好です。8月後半頃の移動を目標において調整を進めていますが、この調子で無理なく徐々に負荷を上げていくことができそうです。
馬体重は466キロです。


登坂日が一日増えましたが、前回の増加した体重をキープと良い状態を保っています。
8月後半に移動を目安としていますが、多分天栄でそこまで乗り込む事無く美浦に移動すると思ってますので、順調なら10月デビューを目指せそうです。
動画でコメントをしていた村上隆博厩舎長によると、マイルあたりでのデビュー戦を見込んでいるようです。