Infomation

'15年産厩舎情報 【レッドベルローズ 2017/09/13~09/21】

レッドベルローズ 2歳 牝 青鹿毛

2017.09.13
(鹿戸厩舎)
鹿戸調教師「先週ゲート試験を無事に終えて、この後は一息入れる予定ですが、放牧に出す前に何本か追い切りを経験させたかったので、今日は芝コースで15-15くらいのペースでやりました。併せる形を予定していましたが、前にいる馬と距離が離れてしまい、結果的には単走になってしまいました。1頭では馬も不安を感じて走りに集中できず終始物見をしながら走っていましたね。良い稽古をする事はできませんでしたが、今週末にもう一度同じくらいのペースで追い切ってみます。放牧は来週の予定なので、今週末の追い切りはしっかり消化したいと思います」


2017.09.14
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので、本来ならは北馬場1周でのメニューですが、昨日が1本目の追い切りでしたし、来週放牧に出る予定なので、今日は曳き運動だけにしておきました。運動中の脚取りもスムーズでしたし、昨日の飼葉も完食していたので、追い切り後の反動は特に感じませんでした。今週末にもう1本追い切る予定なので、あまりストレスを掛けないように対応してあげたいと思います」


2017.09.20
(鹿戸厩舎→ノーザンファーム天栄)
厩舎周りを曳き運動。
鹿戸調教師「先週末は天気が悪くなりそうだったので、予定を早めて先週の金曜日に坂路で15-15を切るペースで乗っています。前に馬を置いた事もあって、スムーズな脚運びで動けていましたよ。息遣いはまだ良くなりそうですが、感触は悪くありませんでした。今日は曳き運動だけにして、明日ノーザンファーム天栄に放牧に出しますが、今日の午後からの状態を確認して、明日もサラッと流す程度に速いところを消化する事も考えています」


2017.09.21
(鹿戸厩舎)
厩舎周りを曳き運動、本日ノーザンファーム天栄に放牧。
鹿戸調教師「昨日、午後からのチェックでは歩様もスムーズでしたし、坂路で15-15くらい乗ってから送り出す事も考えましたが、ここで無理させる必要もないと思い、曳き運動だけにしておきました。運動中も集中してしっかり動けていましたし、脚取りも良かったのですよ。この感じなら牧場でもすぐに立ち上げていけると思います。予定通り今日ノーザンファーム天栄に放牧に出します」


予定通り天栄に放牧に出たようです。特に大きな問題は浮上していないので、そこまで長い期間乗り込む事はないと思います。
同厩のベストヴォヤージュは約一ヶ月で戻ってきましたので、今回もそんな感じだと思われます。となると、帰厩は10月中旬から後半にかけて、デビュー時期は11月の中旬辺りだと予想。もう少し待つ必要がありますね。

それにしても、追い切りを経験させるのなら、もう少し早めの時計を出しても良かったんじゃないかなとちょっと疑問…。


'11年産近況 【ネオリアリズム 2017/09/07~09/21】

ネオリアリズム 6歳 牡 栗毛

9/7 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。
「軽めの内容ではありますが、この中間から坂路コースでの調教も開始しています。問題ないようであれば徐々にピッチを上げていければと思いますが、ここで無理をして負担になっては意味がありませんから、慎重に対応していきたいです。馬体重は530キロです」(空港担当者)

9/13 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。
「徐々に坂路で本格的な負荷をかけ始めていますが、ここまでは順調に進めることができています。最終的な目標とするレースについては現場で判断することになるとは思いますが、基本的には9月末~10月頭あたりに移動できるようにしたいですね」(空港担当者)

9/21 NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンターを2本登坂しています。
「本州移動に向けて更にピッチを上げて進めています。まだ具体的な予定は定まっていませんが、声がかかればスムーズに対応できるように態勢を整えておきたいです。馬体重は536キロです」(空港担当者)


流石に一度出走直前まで仕上げられただけあって、スムーズに調整が進んでいます。両前脚や蹄の状況等は全く触れられていませんケド…。
堀師がどのような判断を下すかは分かりませんが、牧場側は天皇賞出走に向けて、前向きな姿勢が感じられます。早ければ、来週末にも移動となるかもしれませんね。


'14年産近況 【ヴィルデローゼ 2017/08/30~09/21】

ヴィルデローゼ 3歳 牝 黒鹿毛

8/30 NF早来
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「乗り運動を開始してからも脚元の状態は変わりありませんし、この中間も軽めの乗り運動を取り入れています。体調も安定していますから、今後の様子が問題なければ少しずつ調教負荷をかけて動かしていきたいですね」(早来担当者)

9/7 NF早来
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「周回コースで軽めのキャンターを継続しても反動が出ることはなかったので、この中間は坂路調教も開始しています。まだ軽めのキャンターペースながらも問題なくこなすことができていますし、坂路入りの頻度を高めていきたいですね。馬体重は514キロです」(早来担当者)

9/14 NF早来
トレッドミルでの調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン16~18秒のキャンター調整を取り入れています。
「坂路調教再開後も脚元は安定していますし、徐々にペースを速めて動かしています。ここまでは順調に進めることができていますが、引き続き慎重に状態を確認しながら乗り込んでいきたいですね」(早来担当者)

9/21 NF早来
トレッドミルでの調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を取り入れています。
「現在は少し坂路調教のペースを速めてハロン16~17秒まで乗っていますが、動きや状態面はいい意味で変わらずに推移しています。この調子で下地を固めて、15-15の開始につなげていきたいですね。馬体重は524キロです」(早来担当者)


涼しい北海道でまったりと調整が進められていましたが、ここに来てようやくペースアップ。馬体重もガッツリ増えていますので、ひと夏を越しての成長に期待したいと思います。
ただ、忘れてはいけないのが、ゲート再審査を課せられている事。気難しさが増してなければいいのですが…。


'15年産近況 【レッドレオン 2017/09/15~09/19】

レッドレオン 牡 青鹿毛
父ディープインパクト×母レッドエルザ(BMS:Smart Strike)
関西 角居勝彦厩舎


17.09.15
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいます。現在、週3日は屋内坂路コース800mをハロン15秒のペースで登坂、週3日は屋内周回コース2700mをキャンターで乗り込んでいます。
放牧を継続しながら調教を進めていますが、馬体重は着実に増加しており、見た目にもふっくらとしてきました。周回コースでの調教も開始して、日数を徐々に増やしてきましたが、その後も体が減ることはありませんし、順調に乗り込みを重ねることができています。良い状態で調教を進めることができていますので、今後も馬体の状態を確認しながら調教の負荷を調整していきながら体力強化を図ります。
馬体重は484キロです。


17.09.19
(ノーザンファーム早来→ノーザンファームしがらき)
9月26日(火)に北海道を出発、ノーザンファーム天栄での状態確認後にノーザンファームしがらきへ移動の予定です。馬のコンディション等により予定は変更となる場合があります。


ようやくトレッドミルから周回コースへ移行、馬体重にも余裕が出てきており、良い兆候で来ています。
このまま、もう少し北海道で乗り込みを続けるのかなと思っていたのですが、本日しがらきへの移動のお知らせがありました。
と言っても、まだまだ乗り込み不足は否めないので、入厩はもう少し先の話。でも、年内デビューの芽が出てきたのは嬉しいですね。


2017/09/17 レース結果 【レッドカイラス 3歳未勝利戦 12着】

レッドカイラス 3歳 騙 栗毛

17.09.17
9月17日レース後コメント(12着)
北村騎手「返し馬で水溜りをずっと気にしていて、我慢しきれずに飛んだところで落鉄してしまいました。すぐに打ち替えてもらったのですが、その時点でテンションが手がつけられないくらいに上がってしまいました。そのような感じなのでゲートでもずっと立ち上がろうとしていて、それをなだめるのが精一杯でしたし、集中できていないのでゲートも出てくれなかったですね。途中から上がっていって勝負しましたが中々前までいけなかったですし、最後はきつそうでしたね。今日乗った感じだと乾いたダートならもっとやれそうだったので、返し馬も含め今日は天気が向かなかったところもありそうです。背中の感じなど走りそうな雰囲気のある馬ですが、もう少し経験も欲しかったですね。結果が出せずすみません」
藤澤調教師「キャリアの浅さがもろに出てしまいましたね。競馬の前に終わってしまった感じで能力を全く出せなかったです。ここまでなんとか我慢していた気性面がここで出てしまった格好ですが、もう少し早めに使い出せていれば慣れもあったと思うので残念な部分もあります。この後についてはオーナー側と協議させていただきます。勝たせられずにすみません」


前日のアロマドゥルセの勢いに何とか乗ってくれないかと、淡い期待を持っていましたが、現実はそう甘いものではなく、スタートを切る前に終了していた模様。
最終追い切りでレイデオロと併せており、意外とやれるのかなと思ったのですが、まだまだ競馬自体を理解しておらず、経験が全然足りませんでした。まあ、気性の問題だけではないような気もしますが、そこは言わぬが花ですね。

さて、今後の進路はどうなるか分かりませんが、十中八九オークション行きでしょう。乾いたダートならもう少しやれるとの含みを持たせていますが、地方転出するほどの器とも思えません。
先ずは今週の更新を待ちたいと思います。

2017/09/16 レース結果 【アロマドゥルセ 3歳以上500万下 優勝】

アロマドゥルセ 3歳 牝 青鹿毛



9/16  音無厩舎
16日の阪神競馬ではゆっくり目のスタートから後方をじっくりと追走。3コーナー手前から動いて直線入り口で前を射程圏に入れると、直線しっかりと伸びて優勝。
「ありがとうございました。調教の内容が良く、状態がいいのは分かっていましたから、あとは自分次第だと思っていました。エンジンの掛かりが遅いタイプなので、追い出しのタイミングだけよく考えて進めましたが、結果的には力が上だったということでしょう。重馬場を克服してくれたのも大きいですし、メンバーも強力な中で強い競馬をしてくれてホッとしています」(松若騎手)
「降り続く雨で重くなった馬場がどうかと思ったのですが、しっかりと走れていて強い競馬をしてくれました。ジョッキーもいいタイミングで動いていて、うまく導いてくれたと思います。カイバは食べているのですが馬体が減っていたように、良くなるのはまだまだ先でしょう。だからこそこの段階で500万下を勝ってくれたのは大きいですし、放牧を挟みながらゆっくり成長を促していきたいですね」(音無師)
小柄な馬だけに重馬場がどうかという心配はありましたが、3コーナー手前から長く脚を使っての横綱相撲。ここでは力が違うと言わんばかりの勝ちっぷりでした。ただ、馬体重が減っていたように頼りないところがあるのも事実ですから、この後はひと息入れてリフレッシュさせることも検討しています。


台風が秋雨前線を刺激して、1日雨が降り続けた最終レースという芝コンディションはかなり悪い状態。ガサのない牝馬だけに重馬場はマイナスだと思っていましたが、終わってみれば1頭突き抜けての完勝。師がローズSに挑戦させようとした気持ちが良く分かりました。
この勝利は、前走・前々走と強い相手と戦ってきた経験が活きた結果だと思っています。重馬場を苦にしなかったのは、BMSのカーネギーの影響で意外とパワーがあるのかもしれませんね。

松若騎手も普段調教から乗っている事もあって、仕掛けのタイミングが抜群でした。このまま継続して騎乗して、いいパートナーになって欲しいですね。ミスをすると簡単に乗り替わりが発生するシビアな世界ですから…。

今後の予定としては、馬体重が減少していた事もあり、続戦ではなく短期放牧に出る形となりそうです。案外今くらいの体重がベストのような気もしますが。
本日行われたローズSは伏兵ラビットランの勝利で秋華賞が混戦となってきました。スタミナ豊富で最後はしっかりと詰めてくる馬ですので、抽選の可能性があるのなら登録だけはしてくれないかなと密かに思っています。


ちなみに仕事中だった為、馬券は買えず仕舞い。単勝8.9倍、複勝3.1倍と美味しいオッズでしたのに…。
見切り発車で購入しておくべきでしたが、後の祭りです


今週の出走馬 2017/09/17 【レッドカイラス 3歳未勝利戦】

レッドカイラス 3歳 騙 栗毛

2017.08.16
(藤澤厩舎)
運動のみ。
助手「いいスタートを切れましたし、最後まで頑張ってくれました。あの展開ならあのまま先行してもよかったかもしれませんが、初出走でもまれたにしては悪くない競馬でしたね。すぐに息も入っていたようですし、ここまで見ても大きな痛みはなさそうです。このまま厩舎に置いて進めていって、中1週、2週で出られるようなら新潟でもう一度という予定でいます。ダートも視野に入れて進めていきます」

2017.08.17
(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は北馬場で乗ってみました。もっとガクッとくるかと思っていましたが、使う前と変わらず馬体は問題なさそうですね。テンションについてもひどくうるさくなったりということはないので、雰囲気としては悪くないと思います。この後はどこで使えるかわからないですし、ここから競馬の疲れが出ることも考えられるので調整が難しいところですが、できるだけいい状態を維持できるように進めていきたいと思います」

2017.08.23
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
8/23(水) 坂路 64.7-47.9-31.7-15.9 馬なり
助手「朝一番に坂路を上がっておきました。使った後も目立ったダメージはなく、ここまでは問題なくきていますよ。テンションも使う前と変わらず、カッとなるようなこともないですし、この血統にしては穏やかですね。いつ使えるかわからないだけに目一杯にはやれないですが、前走でも仕上がりは悪くなかったですし、体調と息を整えるつもりで進めていくことにしています。暑い中ですが、バテることなくここまで頑張ってくれていますよ。先生からはダートもという話があったので、できれば新潟でもう一度使いたいところですね」

2017.08.24
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
8/24(木) 坂路 65.6-48.8-32.0-15.6 馬なり
助手「今日も坂路を1本上がりました。暑いこともあって汗はかいていましたが、変に入れ込むわけでもないですし、いい気合乗りといったところですね。動きにも特に気になる感じはなかったので、調整としては順調にきていると思います。今週の想定を見ると来週使えるかどうか難しい感じではありますが、競馬を使ったぶんだけしっかりしていきそうな手応えがあるだけに使いたいところですね。いつでも行けるように準備しつつ進めていきます」

2017.08.30
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
8/30(水) 坂路
内レッドカイラス 55.9-40.7-26.2-12.9 馬なり
外キングドラゴン 56.1-40.8-26.3-12.8 馬なり
柴山騎手「坂路で途中出し入れしながら追い切りました。もっと重い動きなのかと思っていましたがいい動きをしますね。コントロールも全く問題ないですし、最後の反応も速かったです。ダートでのハッキングなどではまだ緩い感じがあって、しっかりははまっていないところがありますが、坂路とはいえあれだけの動きができるなら能力はあるはずですよ。まだしっかりしていくのは先なのかもしれませんが、未勝利なら力で何とかできるレベルだと思います」
助手「順調にきているので想定も見て出られそうなら今週使うつもりでいます」

2017.08.31
(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「今日は北馬場で軽い調整です。背腰に疲れが出ている感じもないですし、普段の雰囲気も変わらずにいい状態できていると思います。昨日も古馬相手に手応えはいいくらいでしたし、あとは競馬で能力を出し切れればというところですね」
藤澤調教師「体調は問題ないですし、1戦でもチャンスは多いほうがいいと思うので、今週出られるかわかりませんが投票するつもりでいます。今週使っても例年通りなら中山でもう一度使えると思いますしね。やっと良くなってきたところなので何とか勝たせたいですね」
※今週のレースは除外となりました。

2017.09.06
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク。その後、坂路1本。
9/6(水) 坂路
内ハウメア 56.1-41.0-26.2-12.7 馬なり
中レッドヴィクター 56.3-41.3-26.6-12.8 馬なり
外レッドカイラス 56.7-41.7-27.0-12.9 馬なり
上野騎手「先頭で出て最後併せました。初めて追い切りに乗ったので比較はできないのですが、結構気が入ってきていますね。ダクの時から落ち着きがなく、ちょっと気を抜くと遊びそうな感じでした。ただ、追い切りになっておろしてしまえば、先頭でもフワフワすることなく走っていましたよ。併せた時に変な格好をしたので他馬を気にするのかとも思いましたが、まだ余裕があって遊んでいるだけなのかもしれないですね。状態は良さそうですよ」
藤澤調教師「今のところ来週の中山・芝2000mに北村宏騎手で向かうつもりでいます。一度でも走った芝のほうがいいでしょうし、今度は気持ちの面での慣れもあると思うので何とか勝ち上がらせたいですね。調教の動きを見ても勝つだけの力はあるはずなので、あとはいかにスムーズに競馬できるかですね」

2017.09.07
(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので軽い調整です。競馬が延び延びになっていますが、状態は落ちた感じもなく順調にきていますね。時折はしゃいだりはしていますが、それだけ体も気持ちも余裕があるのでしょうし、昨日のように走り出せば集中できているので問題ないと思いますよ。来週絶好調で競馬までいけるように細心の注意を払って調整していきます」

2017.09.13
(藤澤厩舎)
乗り運動後、坂路下でダク、そのあとウッドで追い切り
9/10(日)坂路 56.0-39.9-25.7-12.5 馬なり
9/13(水)ウッド 木幡育J 53.8-39.7-12.7 強め 
木幡育騎手「2番手で出て直線併せました。前回の競馬のときはまだ頼りない部分もあったのですが、それが解消されてきている感じですね。走りが安定してきていますよ。今日は併せた相手が走る馬だったので並びかけるまでに少し苦労しましたが、仕掛けたらしっかり反応していましたし最後まで頑張っていたと思います。息遣いも今回のほうが良さそうですね」
藤澤師「なかなか競馬に使えずにここまできましたが、馬は調子落ちもなく状態は良さそうですね。今日しっかり負荷をかけたことでもう一段階状態が上がってくるはずですし、攻めてきているわりに無駄にテンションが上がりすぎないのもいいと思いますよ。これだけ攻めてもへこたれていないようにやっと体力もついてきたのかもしれません。動きだけ見ればあっさり勝っておかしくないはずなので期待したいところですね。一応芝のレースを使えればと思っていますが、節で出られない場合は今週のダートに行くか来週のダートに行くか、想定や騎手も見て考えるつもりでいます。」
※今週の中山芝2000mを北村宏騎手で予定していますが、想定上は除外対象となっています。

2017.09.14
(藤澤厩舎)
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
助手「昨日追い切ったので軽い運動です。昨日ハードにやったのでダメージがあるかなと思っていましたが、いい意味で変わらない感じですね。動きにだるいところもないですし引き続き元気もいいですよ。大人しいわけではないですが入れ込むというわけでもないので、このくらいのほうが競馬で走れると思います」
藤澤調教師「芝は入りそうにないので今週のダート1800mにいくつもりでいます。適正は走ってみないとというところはありますが、血統や走りからはこなせるはずですよ。とはいえもろに砂を被ると不安もあるので、できれば外枠でスムーズな競馬ができればと思っています。やっと良くなってきていますし頑張ってくれるはずですよ」
※日曜ダート1800mを北村宏騎手で予定。


除外を重ねて、ようやく出走となりましたが、芝ではなくダート戦で最後の未勝利戦を迎えます。
師も助手も騎手も未勝利戦を勝つ能力はあると口を揃えて言ってくれてますが、残念ながら素直に受け止められるほど純粋な気持ちは失われてしまいました(笑)
初ダートに加えて、相当の雨量も見込まれてコンディションは最悪に近い状態でレースは行われると思います。経験の浅い本馬がどこまでやれるのか、もう信じて応援してあげる事しか出来ません。

ダートで惨敗すると、その後の進路が絶望的なものとなってしまいますので、何とか勝ち負けを演じて欲しいと切に願います。




本日500万下に出走したアロマドゥルセが快勝。重馬場がどうかと思っていましたが、強い内容での勝ち方で嬉しい限り
明日改めて記事にしようと思います。…レッドカイラスも続いてくれないかなぁ(タメイキ)