fc2ブログ

On The Bridle!!

一口馬主クラブ「CARROT CLUB」及び「TOKYO THOROUGHBRED CLUB」に出資した愛馬たちの成長記録等を中心に取り扱っています。
Top Page » Next

Infomation

現役出資馬一覧 CARROT CLUB '18年産ラヴォルタ(父ロードカナロア×母フロアクラフト)牝 '19年産ライラスター(父ロードカナロア×ハープスター)牡フォラブリューテ(父エピファネイア×ブルーメンブラット)牝プレミアムスマイル(父ロードカナロア×ジンジャーパンチ)牝'20年産レヴォルタード(父エピファネイア×母バウンスシャッセ)牡ポルカリズム(父ロードカナロア×母フロアクラフト)牝'21年産クランプダンス(父ドゥラメン...
現役出資馬一覧

carrot_farm.png
CARROT CLUB

'18年産
ラヴォルタ(父ロードカナロア×母フロアクラフト)牝

'19年産
ライラスター(父ロードカナロア×ハープスター)牡
フォラブリューテ(父エピファネイア×ブルーメンブラット)牝
プレミアムスマイル(父ロードカナロア×ジンジャーパンチ)牝

'20年産
レヴォルタード(父エピファネイア×母バウンスシャッセ)牡
ポルカリズム(父ロードカナロア×母フロアクラフト)牝

'21年産
クランプダンス(父ドゥラメンテ×母フロアクラフト)牝
ガルバナム(父ハービンジャー×母アロマドゥルセ)牡
コルレオニス(父レイデオロ×母ヒストリックスター)牡

'22年産
ヴィルデローゼの22(父キズナ×母ヴィルデローゼ)牡
ユーセニアの22(父Blue Point×母ユーセニア)牡
ハープスターの22(父サートゥルナーリア×母ハープスター)牡

tokyo_hr.png
TOKYO THOROUGHBRED CLUB

'18年産
レッドヴェロシティ(父ワールドエース×母トップモーション)牡
レッドベルオーブ(父ディープインパクト×母レッドファンタジア)牡

'20年産
レッドルヴァンシュ(父ロードカナロア×母レッドアヴァンセ)牡

'21年産
ルージュスエルテ(父ハーツクライ×母リュズキナ)牝
ルージュサリナス(父キタサンブラック×母サファリミス)牝

'22年産
ルージュマローネ(父ダイワメジャー×母レッドアトゥ)牝
レッドソニード(父イスラボニータ×母ダンスグルーヴィ)牡

※クラブ公式HPの記事・画像はCARROT CLUB及びTOKYO THOROUGHBRED CLUBの使用許可を得て転載しています。

情報自身も遅いですし、大した事を書いていないので、基本的にはリンクフリーです。多分いないとは思いますが、相互リンク希望の方はコメントあるいは拍手からメッセージを添えて貰えればと思います。

スポンサーサイト



2024/02/17/ レース結果 【ポルカリズム 4歳以上1勝クラス 優勝】

ポルカリズム 4歳 牝 黒鹿毛父ロードカナロア×母フロアクラフト(BMS:フジキセキ)関西 中内田充正厩舎24/2/17  中内田厩舎17日の小倉競馬では五分のスタートから出たなりで先行し、折り合い重視で進める。勝負どころから馬場の外目に持ち出し、直線は大外をしっかり伸びて優勝。「調教ではおとなしかったのですが、やはり実戦となるとパドックからの地下馬道ぐらいでかなりエキサイトしだしてちょっとヒヤヒヤしました。ただ、...
ポルカリズム 4歳 牝 黒鹿毛
父ロードカナロア×母フロアクラフト(BMS:フジキセキ)
関西 中内田充正厩舎


ポルカリズム


24/2/17  中内田厩舎
17日の小倉競馬では五分のスタートから出たなりで先行し、折り合い重視で進める。勝負どころから馬場の外目に持ち出し、直線は大外をしっかり伸びて優勝。
「調教ではおとなしかったのですが、やはり実戦となるとパドックからの地下馬道ぐらいでかなりエキサイトしだしてちょっとヒヤヒヤしました。ただ、厩舎側がしっかりゲートの確認もしていてくれて駐立も我慢できましたし、ポンとスタートを切れたのは良かったです。道中はしっかり折り合っていて手応えもありましたが、内にいって早々に抜け出すとフワッとしてしまうので、敢えて外に出してゴール前で差す形を目指しました。馬も応えてしっかり勝ち切ってくれましたね。今後も精神面は課題になると思いますが、今日は上手にレースをしてくれたと思います。ありがとうございました」(藤岡佑騎手)
昨年8月以来の実戦となりましたが、馬体が成長していい状態でレースに臨めました。引き続きテンションの高いところは見られましたが、ジョッキーもうまく良さを引き出してくれたと思います。難しいところのある馬ですが、万全の状態になるまで無理をさせなかったこともこの1勝に繋がったように思います。この勝利をきっかけに今年は飛躍の1年としてもらいたいところです。この後は馬体を確認してから検討します。

24/2/21  中内田厩舎
21日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はありがとうございました。最後は浮くような感じでフワフワしていたのですが、力の違いできっちりと勝ち切ってくれましたね。時間をかけてじっくり立て直した効果も大きいのでしょうし、ここを使って次はもっと良くなってきそうです。レースを走ったなりの疲れはありますが、特に馬体の傷みなどは見られません。乗り出して問題なければ中山で続戦させることも考えています」(中内田師)
3月10日の中山競馬(房総特別・牝馬限定・芝1800m)に出走を予定しています。


ようやく待望の今年中央初勝利を挙げる事が出来ました。奇しくも昨年と同じくポルカリズムの勝利だった訳ですが、正直この馬は昨年の内に1勝クラスは勝っていても不思議ではない馬だと思ってました。
厩舎の方針らしい時間をかけて立て直した甲斐もあり、着差以上に強い勝ち方。ゴール過ぎても伸びているようにまだ脚を余している感じで、その点からもフワフワしていたという表現なのでしょう。

今週の天気を見る限り、先週末に使ってくれてラッキーだったなぁとも思います。何故か芝は高速気味で、小倉大賞典では1:45.1の好時計。日曜日の未勝利戦では1:48.1と、土曜日の本馬のレースと同タイムが出ています。
今週末の小倉競馬は週中の雨で相当芝コンディションが悪くなると思われますので、そうなってくると実力よりも馬場適性が物を言います。
運も味方しましたし、コメント通りに飛躍の1年となってくれる事を期待したいですね


珍しく中2週で使う予定があるようで、本日の更新で次レースの予定が出されました。中山は新馬戦で勝利してますし、小回りコースは相性が良さそうです。上のクラスでも十分やれると思いますので、楽しみにしたいと思います。


2024/02/17/ レース結果 【プレミアムスマイル 小倉城S(3勝クラス)15着】

プレミアムスマイル 5歳 牝 鹿毛父ロードカナロア×母ジンジャーパンチ(BMS:Awesome Again)関西 池添学厩舎24/2/17  池添厩舎17日の小倉競馬では五分のスタートからスッと行き脚がつき3番手の内々を進む。そのまま追走するが、3コーナー手前あたりから手応えが悪くなり、最後は余力なく15着。「ゲートは速く、二の脚もついてスッと良いポジションにつけられたんですが、砂を被って脆さが出てしまいましたね…。先頭まで行け...
プレミアムスマイル 5歳 牝 鹿毛
父ロードカナロア×母ジンジャーパンチ(BMS:Awesome Again)
関西 池添学厩舎


24/2/17  池添厩舎
17日の小倉競馬では五分のスタートからスッと行き脚がつき3番手の内々を進む。そのまま追走するが、3コーナー手前あたりから手応えが悪くなり、最後は余力なく15着。
「ゲートは速く、二の脚もついてスッと良いポジションにつけられたんですが、砂を被って脆さが出てしまいましたね…。先頭まで行ければいいのでしょうが、やはりこのクラスとなると周りも速く、そこまで行き切れません。集中力の問題だと思いますので、砂を被らず進められる外目の枠ならまた違ったと思います。今日はこのような結果になり申し訳ありませんでした」(北村友騎手)
難しいところを抱える馬で、今回は競馬場で1泊することがプラスになればと思っていましたが、今日は内枠が災いして砂を被り、集中力が続かない結果になってしまいました。調教の動きは良く、申し分のない状態と思えただけに悩ましいところですが、いい条件を選びながら前進を図っていきたいと思います。この後は馬体を確認してから検討します。


土曜日の結果は文字通り天国と地獄という有様でしたので、先ずは悪い方から更新
ただ、この結果に関しては正直走る前からある程度は想像出来ていました。ハナに行ききれなければ、展開関係なしにそこで終了だろうなと。こういう馬は珍しい訳でもなく、特に牝馬はどうしようもない感じ。ここまで来ると慣れるという事もないでしょうし、砂を被らない位置からの競馬を考えるしかありません。

芝に活路を求めて、最後方からの競馬で最後に脚を伸ばしてみるなど試してみるのもいいかもしれませんが、何せ3勝クラスは大きな壁。そこまでのスピードと瞬発力があるとも思えませんので、結局ダートで外目の枠番が当たる事を祈るのが一番という事になりそうです。スピードはあるだけに、勿体ない馬だなぁとつくづく感じます


'22年産近況 【レッドソニード 2024/02/15】

レッドソニード 2歳 牡 栗毛父イスラボニータ×母ダンスグルーヴィ(BMS:ルーラーシップ)関東 嘉藤貴行厩舎2024.02.15社台ファーム競走馬名:レッドソニード馬体重:486キロ乳酸値を測定したところ、高めの数字を記録したこともあり、急激なペースアップは避け、ハロン18秒、ハロン17秒と、2本時計を出す坂路調教などをおこなっています。ただ、トレーニングを継続しても疲れた様子は見せず、飼い葉喰いも良好なことから、乳酸地に...
レッドソニード 2歳 牡 栗毛
父イスラボニータ×母ダンスグルーヴィ(BMS:ルーラーシップ)
関東 嘉藤貴行厩舎


2024.02.15
社台ファーム
競走馬名:レッドソニード
馬体重:486キロ
乳酸値を測定したところ、高めの数字を記録したこともあり、急激なペースアップは避け、ハロン18秒、ハロン17秒と、2本時計を出す坂路調教などをおこなっています。ただ、トレーニングを継続しても疲れた様子は見せず、飼い葉喰いも良好なことから、乳酸地に関しては、体質的なものかもしれません。走り自体は力強く、推進力も十分。高いスピード能力を感じています。


乳酸値が高めだったようで、疲れが溜まっているかと思いきや、特にそんな感じは見せない模様。体質的なものの可能性があるようですが、筋肉疲労を起こしやすいという事でもあるので、そちらの方が若干不安を感じます。
ここにきて、色々と心配な点が出てきましたが、まだ2歳の2月ですので、今後の成長を見守りたいと思います。


'22年産近況 【ルージュマローネ 2024/02/15】

ルージュマローネ 2歳 牝 栗毛父ダイワメジャー×母レッドアトゥ(BMS:カジノドライヴ)関東 栗田徹厩舎2024.02.15社台ファーム競走馬名:ルージュマローネ馬体重:490キロ週4回坂路に入り、内2回は2本駆け上がっています。先日、3ハロン45秒の時計も出しましたが、最後までしっかりと走り切ることが出来ていました。力感のある、スピード感に富んだ走りが持ち味。育成厩舎に移ってきた当初は、ノンビリとし過ぎている印象もありま...
ルージュマローネ 2歳 牝 栗毛
父ダイワメジャー×母レッドアトゥ(BMS:カジノドライヴ)
関東 栗田徹厩舎


2024.02.15
社台ファーム
競走馬名:ルージュマローネ
馬体重:490キロ
週4回坂路に入り、内2回は2本駆け上がっています。先日、3ハロン45秒の時計も出しましたが、最後までしっかりと走り切ることが出来ていました。力感のある、スピード感に富んだ走りが持ち味。育成厩舎に移ってきた当初は、ノンビリとし過ぎている印象もありましたが、ここに来てダイワメジャー産駒らしいキリッとした面が出てきたのは、歓迎すべき材料。相変わらず、万全の体調を維持しています。


既に3ハロン45秒台を出しており、全く問題なさそうなのは頼もしい限り。この分なら基礎体力は十分という事で、そろそろ移動が示唆されるかもしれません。
ダイワメジャー産駒らしい気の強さも見せ始めているようですので、後は芝適性が何処まであるか。将来的にはダート側に振れると思っていますが、若駒の内は芝もこなしてくれる事を期待したいものです。


'22年産近況 【ハープスターの22 2024/02/15】

57.ハープスターの22 牡 鹿毛父サートゥルナーリア×母ハープスター(BMS:ディープインパクト)関西 池添学厩舎24/2/15  NF早来【馬体重:438キロ】現在は週3日、坂路でハロン15~16秒のキャンターと周回コースでのキャンター2700mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。現状の調教メニューを継続してもカイバ食いが落ちることはなく、馬体を維持...
57.ハープスターの22 牡 鹿毛
父サートゥルナーリア×母ハープスター(BMS:ディープインパクト)
関西 池添学厩舎


ハープスターの22


24/2/15  NF早来
【馬体重:438キロ】
現在は週3日、坂路でハロン15~16秒のキャンターと周回コースでのキャンター2700mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。
現状の調教メニューを継続してもカイバ食いが落ちることはなく、馬体を維持した状態で乗り進めることができています。血統から気性面の変化には気をつけていますが、今のところいい意味で変わった様子はなく、乗り手の指示にもスムーズに応えることができています。


負荷を強めても体重が落ちてこないのは良い事ですが、もう少し幅が出て来て欲しいのは正直なところ。現時点でも評判だけは抜群にいいので、その期待に応えられる素質を持っている事を願いたいものです。
来月になれば、POG取材も活発になってきますので、サートゥルナーリア産駒では期待の1頭として注目は集まるはず。情報も公式以外から色々出てくると思いますので、そちらも楽しみにしたいと思います。

'22年産近況 【ユーセニアの22 2024/02/15】

49.ユーセニアの22 牡 鹿毛父Blue Point×母ユーセニア(BMS:Winker Watson)関東 木村哲也厩舎24/2/15  NF早来【馬体重:499キロ】現在は週3日、坂路でハロン15~16秒のキャンター1~2本と周回コースでのキャンター2700mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。速い時のキャンターペースはハロン15~16秒でこれまでと変わりありませんが、日...
49.ユーセニアの22 牡 鹿毛
父Blue Point×母ユーセニア(BMS:Winker Watson)
関東 木村哲也厩舎


ユーセニアの22


24/2/15  NF早来
【馬体重:499キロ】
現在は週3日、坂路でハロン15~16秒のキャンター1~2本と周回コースでのキャンター2700mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。
速い時のキャンターペースはハロン15~16秒でこれまでと変わりありませんが、日によって1日2本乗るなど、しっかり負荷を掛けることができています。今の良い状態を保ちながら、次のステップへ移行していきたいところです。


負荷もしっかりとかけられており、こちらも今後が楽しみな存在。血統的にまずは洋芝を走らせてみて欲しいので、何とか北海道競馬でデビューしてくれないかと思っています。
相変わらず厩舎はルメール騎手とは黄金タッグで、勝ち星のほとんどがルメール騎手でのもの。本馬もルメール騎手でデビュー出来る事を夢見たいと思います。

'22年産近況 【ヴィルデローゼの22 2024/02/15】

3.ヴィルデローゼの22 牡 黒鹿毛父キズナ×母ヴィルデローゼ(BMS:エンパイアメーカー)関東 宮田敬介厩舎24/2/15  NF空港【馬体重:465キロ】現在は週3日、900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。現時点で大きく気になる点はないものの、背腰に疲労が蓄積しやすいタイプということもあり、適宜ケアを施していく必要はありそうです。...
3.ヴィルデローゼの22 牡 黒鹿毛
父キズナ×母ヴィルデローゼ(BMS:エンパイアメーカー)
関東 宮田敬介厩舎


ヴィルデローゼの22


24/2/15  NF空港
【馬体重:465キロ】
現在は週3日、900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。
現時点で大きく気になる点はないものの、背腰に疲労が蓄積しやすいタイプということもあり、適宜ケアを施していく必要はありそうです。順調にメニューが進んでいることもあり、早期の本州移動が視野に入っている1頭です。


気性以外にもウィークポイントがあったようで、背腰に疲労が溜まりやすいようです。成長するにつれて解消してくる類のものですが、1戦ごとが勝負といった感じの馬となりそうです。ある意味、天栄の方針とマッチはしてそうではありますが。
ただ、育成自体は順調に進んでいるようですので、このままいくと来月には早期移動のプランが発信されそうです。初夏デビューの可能性が出てきたのはやはり気分が少しずつ高揚してきますね。