FC2ブログ

Infomation

出資馬一覧

carrot_farm.png
CARROT CLUB

'14年産
アロマドゥルセ(父ディープインパクト×母ジャッキーテースト)牝
ヴィルデローゼ(父エンパイアメーカー×母ブルーメンブラット)牝

'16年産
サートゥルナーリア(父ロードカナロア×母シーザリオ)牡
モンドヌーヴォー(父ハービンジャー×母ラフォルジュルネ)牡

tokyo_hr.png
TOKYO THOROUGHBRED CLUB

'15年産
レッドベルローズ(父ディープインパクト×母レッドファンタジア)牝
レッドレオン(父ディープインパクト×レッドエルザ)牡

'17年産
レッドメデューサ17(父ダイワメジャー×母レッドメデューサ)牝
レッドソンブレロ17(父エピファネイア×母レッドソンブレロ)牡

※クラブ公式HPの記事・画像はCARROT CLUB及びTOKYO THOROUGHBRED CLUBの使用許可を得て転載しています。


スポンサーサイト



今週の出走馬 2020/07/05 【レッドヴェロシティ メイクデビュー福島】

レッドヴェロシティ 牡 黒鹿毛
父ワールドエース×母トップモーション(BMS:シンボリクリスエス)
関東 木村哲也厩舎


20.07.01 : 美浦:木村哲也厩舎

乗り運動、ダク、ハッキングのあとウッドで追い切り。
ウッド 70.2-55.2-40.3-12.2 直線一杯
内ガトーバスク馬なりに5F0.4秒先行1F併せ併入
外ゴルコンダ馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入


木村調教師「今日はウッドで3頭併せ、直線は中に併せて追い切りました。北村宏騎手に乗ってもらいましたが、前より気合いや反応が良くなって走りが軽くなってきたということでした。先週あたりから多少ピリピリしてきていたので、そのあたりを確認してもらいましたが、収まるところは収まって折り合いも問題なくある程度思う通りにコントロールできたということなので、今くらいがちょうどいい精神状態なのかもしれません。今週の時点で530kgほど。だいぶ締まって腹回りも以前よりスッキリしてきましたし、順調に乗り込めたので息も大丈夫だと思います。この時期の2歳としては体力があってこれだけ乗りこめたのはなによりですし、大型馬でも初戦から動けておかしくないはずですよ。初めての競馬だけになにがあるかわかりませんが、スムーズに競馬できれば頑張ってくれると思います」
※日曜福島芝1800mを北村宏騎手で予定。

20.07.02 : 美浦:木村哲也厩舎

乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
木村調教師「今日は軽い調整です。いつもと変わらず淡々とという感じですが、これだけ乗り込んで表面上疲れも見せないのですからいいものがありますね。大きな馬ですし、今週に入ってかなり蒸し暑かったのもあって昨日は思ったほど動けなかった感じですが、しっかりケアしていますし、明日楽に気分よく走らせて最終調整にするつもりでいます。まだ大型馬らしい緩さがあって本当にしっかりしてくるのはまだ先と見てはいますが、現状の完成度でどれだけやれるか楽しみにしたいと思います」


いよいよ明日デビュー迎えます。以前とは違い、福島でも除外馬が出るほどの頭数が揃うようになり、時代の移り変わりを感じます。
東京を除外されてここに回ってきたスワーヴエルメが1番人気確実だと思われますが、生憎の天気模様で芝コンディションは決して良くありません。午前中はさほど降らないとは思いますが、まあまず重馬場で行われると思います。
そうなってくるとこの馬にもチャンスが巡ってくるのではないかなとは考えています。500㎏を優に超える雄大な馬格を有しているので、初戦向きではないかもしれませんが、気性に問題もありませんし、パワーもスタミナもありそうな感じがするので、上手く流れに乗れれば面白いかもしれません。
4~5番人気だと思うので、馬券的な妙味はありそうです。

基本的に地味な存在なので、さほど注目されてはいないと思っていましたが、一応netkeibaでPOG関連の記事で取り上げられていました。


【レッドヴェロシティ雄大な馬体持ち、攻め量も十分 木村師手応え】https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=173312


何とか早い内に1勝上げてくれると安心出来ますので、頑張って貰いたいと思います。
一応NF生産ワールドエース産駒の新馬戦連続勝利の記録継続もかかっていますしね(笑)

レッドレオン、競争能力喪失とみなされ引退へ…

レッドレオン 5歳 牡 青鹿毛


レッドレオン


20.06.26 : ノーザンファームしがらき

馬体重474キロ。
毎日ひき運動を行ってきましたが、今週に入ってから発症直後と同じくらいの歩様の乱れが確認されたため、舎飼いで経過観察を続けているところです。引き続き排尿や排便、それに寝起きについては大きな問題はありませんし、カイバも必要な分はしっかり食べています。先日、外部の獣医師の馬体チェックを受けたところで現在診断が出るのを待っている段階です。

20.07.03 : 引退

先日受けた外部獣医の診断結果では、腰萎症状とみられる動きを呈しているとのことで競走能力喪失との診断が下りました。出資会員様には長らくご心配をお掛けしましたが、このような結果となり申し訳ございません。詳細につきましては改めて書面にてご報告させていただきます。
長い間、レッドレオン号へのご声援、ありがとうございました。


覚悟はしていましたが、いざ引退の2文字を見るとガックリしますね…。回復傾向があったので、ひょっとしてという気持ちもあったのですが、先週の悪化から急転直下。残念でなりません。
たった9戦という現役生活でしたが、その中で4勝を上げ、そしてGⅡ日経新春杯では2着とOPでもやれるといったところを見せてののアクシデント。寝違えとの診断でしたが、どう考えても単なる寝違えとは思えません。最低でも馬房で暴れた際、腰を打ったか捻ったかしたのでしょうね。
それが100%馬の所為だったのか、何らかのヒューマンエラーが存在したのかは今となっては分かりませんが、もやもやとした結末となってしまいました。

ラブラバードの時もそうでしたが、OP馬になった馬がこういった形で引退となると本当に凹みます。今後レオンはどうなるのかが心配ですが、昨年POGで大人気だったグランアレグリアの弟であるブルトガングが頸椎狭窄による腰萎で予後不良となりました。
軽度であればまだいいのですが、重度であれば最悪の結果となります。今後無事に生活出来るよう、祈るのみです

'18年産近況 【ラヴォルタ 2020/06/30】

ラヴォルタ 2歳 牝 鹿毛
父ロードカナロア×母フロアクラフト(BMS:フジキセキ)
関東 田村 康仁厩舎


フロアクラフトの18


20/6/30  NF空港
現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。
普段から落ち着きがあり、周囲の状況に左右されることがない点は実戦に行ってプラスに働くことでしょう。坂路での動きは日増しにしっかりとしたものになってきており、ハミにモタれることも少なくなってきました。今後もこの調子で状態を上げていきたいところです。


皮膚病に関しては何もコメントがない事から、治まって来ているのでしょう。相変わらず、気性面しか褒められませんが、徐々に良化はしている模様。
本来ならぼちぼち移動の可能性もあった訳ですが、何となく夏場は北海道で過ごす事になりそうな気がします。年内デビュー出来ればいいのですが。

そして、母の初仔であるピクチャーポーズが腸骨部分に疲労骨折が発見され、短い期間でコンディションを戻す事は不可能と判断、引退となりました。ラヴォルタには、姉の分まで頑張って欲しいですね…


2020/06/28/ レース結果 【サートゥルナーリア 宝塚記念(GⅠ)4着】

サートゥルナーリア 4歳 牡 黒鹿毛

サートゥルナーリア


20/6/28  角居厩舎
28日の阪神競馬では五分のスタートから出たなりで中団の内を追走。勝負どころで反応が鈍く直線に入ってもまだ後方の位置取りで、外目に持ち出して追い上げるが4着まで。
「今日は申し訳ありませんでした。いい状態で送り出せたと思ったのですが、馬場の悪化が響いてしまいました。ジョッキーも“馬場の悪いところに押し込められてしまった”と言っていて、直線も坂の手前あたりから手応えが残っていなかったとのことでした。溜めて切れるというのが持ち味のこの馬が、道中馬場の悪いところをずっと走らされて溜まるところがないまま直線を向いてしまったわけですから、かなり消耗もしていたでしょうし、厳しかったと言わざるを得ません。残念ですが、しっかり立て直して次に向かいたいと思います」(角居師)
絶好の出来で迎えた一戦でしたが、馬場の内目に押し込められ、思うようなレースができませんでした。開催が進み荒れてきている上に雨も重なり、特に内目の馬場は見た目にも悪く、着順からも内枠が苦戦したことは明らかです。しかし、そうしたハンデがあっても勝利を掴める器だと信じていましたし、秋は揺るぎない強さを求めたいという気持ちです。この後は放牧に出してリフレッシュさせる予定です。


まさかクロノジェネシスに大差ぶっちぎられる結果になるとは思いもよりませんでしたね…。馬場に泣かされたと言え、これはもう勝ち馬には脱帽。拍手喝采です。
正直な話、地味にルメール騎手は凡庸な騎乗をしてしまったなという感はあります。騎乗ミスとまでは言いませんが、今回は周りが上手だったという事なのでしょう。がっちりと周囲を固められ、馬場の悪い内をずっと走らされてしまいました。福永騎手辺りが同じ騎乗したら、相当バッシングされたんじゃないですかね(笑)

何故か公式には騎手の談話が載ってませんが、こちらがルメール騎手のコメント。


【サートゥルナーリア4着 ルメール「距離と馬場」】https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=173253


まあ、これも競馬。人気の一角だったラッキーライラックも6着に沈んでいますので、そういう特殊な馬場だったという事です。まあ、それでも何とかしてくれると戦前は信じていたのですが、現実は非常でしたね


このまま行けば、距離的にも天皇賞(秋)が最大の目標となると思います。そうなると、再びアーモンドアイとの対決となります。個人的にはもっと強い相手と戦って場数を踏んだ方がいいと思いますので、札幌記念辺りに出てきてくれると嬉しいですね。


今週の出走馬 2020/06/28 【サートゥルナーリア 宝塚記念(GⅠ)】

サートゥルナーリア 4歳 牡 黒鹿毛

20/6/17  角居厩舎
17日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はルメール騎手に乗ってもらってCWコースで追い切りました。ある程度負荷をかけてほしいという指示でしたが、ジョッキーが言うには『動きが良かったし、そこまでビッシリとやる必要はなさそうだったので、サラッと。馬体も大きくなっているようだし、良かったよ』とのこと。しかし時計を見たら6ハロン79秒台でラスト1ハロンは11秒3ですからね。これで“サラッと”はビックリです(笑)。ここまでは順調に来ていますので、レースまでしっかり仕上げていきます」(酒井助手)
28日の阪神競馬(宝塚記念・芝2200m)にルメール騎手で出走を予定しています。

20/6/24  角居厩舎
24日は栗東坂路で追い切りました(51秒3-36秒8-23秒9-12秒2)。
「今朝は坂路で単走の追い切りを行いました。スタート後すぐにちょっとごちゃついていて中間のラップが少し速くなったのですが、それでカーッとすることもなく終始冷静に、手前の替え方もスムーズに走れていました。ここまで順調に調整できましたし、いい形でレースに向かえると思います」(酒井助手)
28日の阪神競馬(宝塚記念・芝2200m)にルメール騎手で出走を予定しています。


出資馬としては約2ヶ月振りの出走となります。それが夏のグランプリである宝塚記念であるというのはやはり気分は高揚しますね。金鯱賞から間隔は空きましたが、状態はかなり良さそうですので、結果を期待したいと思います。
とりあえず、各媒体で注目されていますので、色々と情報が出ています。先ずは先週と今週の追い切りの様子の記事をぺたり。

【サートゥルナーリア切れ味発揮!ルメール「大人になった」】https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=172766

【サートゥルナーリア堂々 迫力満点51秒3!古馬の風格絶好調】https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=173061

実質的な最終追いである1週前追い切りでは、時計が出やすい状態だったとは言え、CWコースでの自己ベストを更新。ルメール騎手も口調が滑らかです。状態面では文句なしだと思われます。


で、他にも適当な記事をピックアップしたのがこちら。

【[宝塚記念馬体診断]サートゥルナーリア】https://www.daily.co.jp/horse/horsecheck/2020/06/22/0013445154.shtml

【宝塚記念はサートゥルナーリアで鉄板か「今ならアーモンドアイに勝てる」】https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/keiba/keiba/2020/06/23/___split_83/

【サートゥルナーリアの「猛暑不安説」を追跡】https://www.tokyo-sports.co.jp/horse/jra/1920828/


天気など不安要素はありますが、牝馬に負けてばかりでは男馬の立つ瀬がありませんので、ここはなんとしても勝ちたい一戦。昨年に続いてキャロットの募集馬が夏のグランプリを連覇という事になると嬉しいですね


'18年産近況 【レッドベルオーブ 2020/06/26】

レッドベルオーブ 牡 青鹿毛
父ディープインパクト×母レッドファンタジア(BMS:Unbridled's Song)
関西 藤原英昭厩舎


20.06.26 : ノーザンファームしがらき

馬体重495キロ。
調整は順調に進んでおり、週2回は坂路で15-14ほどの時計を出しています。日々の調教でだいぶ前向きさが感じられるようになりましたし、動きも素軽くなってきました。楽々と調教をこなしていて疲れなど反動も見られません。体つきも競走馬らしくなりつつあり、課題だった前後のバランスも整ってきました。帰厩に向けての準備は整っています。


馬体重も徐々に増加しており、順調そのもの。来週には帰厩して、デビューに向けて厩舎で乗り込まれていくでしょう。上の姉2頭と兄は新馬戦勝ちを納めているので、ベルオーブも続いて欲しいですね
デビュー戦が今から楽しみではありますが、騎手都合やNF産の使い分けという事情が絡んでくるので、何処に向かうかはちょっと予測はつきません。姉のレッドベルローズが新潟で使うようですので、場合によっては同日出走とか考えてるかもしれませんね。


2020年度の1歳募集馬のラインアップが発表されたので、今週は東サラ現役馬全頭を更新してみました。引退がちらつく5歳馬と輝かしい未来が待っている(かもしれない)2歳馬の対比が物悲しいですね。
今年はキャロットで初×2での立場が待っているので、鉄の意志を持って東サラは最優先のみ1頭(出来れば安めの…)を申し込もうと思ってます。申し込もうと思ってる時点も鉄もクソもないんですが(笑)

目玉はラストグルーヴ19なんですが、正直ロードカナロア産駒の牡馬にしては募集価格が安いと感じます。上も全く走っていない訳でもないので、小柄なんでしょうね。
レッドファンタジア19はディープインパクトからハーツクライに父が替わり、どう出るか。余り良い印象がないのですが、ハーツクライ×母父Unbridled’s Songからはスワーヴリチャードが出ています。まあ、人気確実ですし、今回は既に手を出す気はありません。

血統的に惹かれる馬は現時点では他に特にいないので、後は側尺とカタログを眺めながら最優先1頭を決めようと思ってます。


'18年産厩舎情報 【レッドヴェロシティ 2020/06/24~06/25】

レッドヴェロシティ 牡 黒鹿毛
父ワールドエース×母トップモーション(BMS:シンボリクリスエス)
関東 木村哲也厩舎


2020.06.24 : 美浦:木村哲也厩舎
乗り運動、ダク、ハッキングのあとウッドで追い切り。
6/21(日)坂路 56.9-41.3-26.7-12.9 馬なり
6/24(水)ウッド  68.9-54.4-40.3-12.7 仕掛け
中グローバリズム馬なりを5F0.4秒追走1F併せ併入
外ゴルコンダ馬なりを5F0.8秒追走1F併せ併入


木村調教師「今日は一番後ろから出て直線は併せました。道中の折り合いやコントロールも問題なく収まりも良くなりましたし、直線は併せてからしっかりファイトしているように見えました。今まではあまり気合いを見せず、どちらかというとのんびりしていたのですが、先週末あたりからだいぶピリッとしたところを見せるようになってきました。体力的に苦しいとか状態が落ちているという感じではないので、競馬に向けていい方に気が入ってきたと捉えていますよ。体重自体はなかなか減りませんが、中身が入ってさらに見栄えも良くなってきています。大きい馬ということもあって色々教えながらじっくりやってきましたが態勢は整ってきましたね。これならいけそうなので来週の福島でデビューさせるつもりで仕上げていきます」
※デビュー戦の鞍上はレーン騎手を予定しています。

2020.06.25 : 美浦:木村哲也厩舎
乗り運動後、北馬場をダクとハッキングで1周。
木村調教師「昨日追い切ったので軽く乗って様子を見ました。多少ピリッとはしてきていますが普段は落ち着いていますし、オンオフができてきた印象ですね。馬体の痛みもなく大きい馬ですが、脚もとも不安なくきています。追い切りでもどうすればいいか教えればすぐに理解してくれるように学習能力もありますし、ここまでは順調に上向いてきていますね。来週までケガだけは気を付けて仕上げていきます」

※鞍上予定がレーン騎手から北村宏司騎手に変更となりました。


レーン騎手を確保という事で小躍りしましたが、1日で北村宏騎手に変更とのアナウンスにがっくり。まあ、北村宏騎手がどうこうというより、大人の事情にがっくりした訳ですが。
どうも今週末出走予定していたPOGでも大人気、そして私が3位で抽選に外れたスワーヴエルメが除外された事が発端。まだ明確には発表されてませんが、多分スライドして同じレースに出走するのでしょう。レーン騎手は堀師が身元引き受け調教師ですので、まあ優先されるのは仕方がないですね。しかしながら、感情的には納得はしていないので、目に物見せて欲しいですね(笑)

とは言え、巨漢馬でまだまだ絞りきれていない感じがするので、初戦からという感じはしません。こちらもNF調教ワールドエース産駒の新馬戦連勝記録がかかっていますので、頑張って欲しいとは思いますが。

また、何気なく某スポーツ新聞を眺めていたら、若駒情報でちょろっとヴェロシティの情報が出ていました。木村師のコメントが「いいスピードがありそうです」との事で、初めてスピードを褒められた気がします。